冬の凍結対策

水栓柱が凍ってしまいました。そのままでも大丈夫ですか?

気温が上昇するまで待ってください。開いた水栓は閉じておかないと溶けた時に水が出たままとなります。スチームクリーナーをお持ちの方は凍結していると思われる部分を温めてみてください。ただし急激に温めると水道管が破裂する危険があります。

簡単な凍結対策はありませんか?

「不凍栓」を利用すると凍結を防ぐことができます。これは凍結しそうな部分の水をあらかじめ抜いておくものです。

既存水栓の対策は・・・
水栓 水栓 水栓

このように米袋を被せたり運送クッションのプチプチを使うと-5℃程度までの保温対策になります。その際に根元から風が入らないようにしてください。

寒波のあとの水道管破裂修理は多数コールがありますので事前の対策をおすすめ致します!!