隠蔽配管のエアコン取替工事をご依頼頂きました

他店ではあまり快く受けて頂けなかったという事で当店にご相談いただいた隠蔽配管のエアコン取替をさせて頂きました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

取替前に下見をさせて頂いた時にドレン排水の取り回しに難があるなと思っていましたが、壁内の空間も大きく取替は可能と判断させて頂きました。

本日取替に伺い作業させて頂きました。室外機が動かないのでまずはバルブをすべて閉じて配管内に残るフロンガスを回収します。回収したフロンガスはお店に戻ってから室外機に戻します。

同時進行で室内機の取外しにかかります。隠蔽配管の場合、ドレンの処理が上手くできているかが交換時のポイントになります。エアコンに付いているドレン配管が直接抜き差しできるよう壁の中に太めの排水管が立ち上がっているのが理想ですが、今回はドレンホースが直接接続されていました。おまけに断熱処理がされていなかったので壁の中にカビが生えていました。

ドレンホースをそのまま利用するしか方法がないので出来る範囲で断熱処理をさせて頂きました。

冷媒配管とドレン排水の断熱をしっかり行います。本来は左側にドレン排水を付け替えて施工するのですが、ドレンホースに接続する必要がある為、仕方なくこのような施工になっています。勾配がほとんどとれないので横引き配管が波打たないよう注意しました。

室内機を無事に収める事が出来ました。

試運転前に排水が問題なくできるか確認をします。溢れて来る事無く綺麗に流れてホッとしました。

全て施工が終わって試運転も良好でした。暑くなる前に対応出来て良かったです。お客様にも喜んで頂きました。

M様、ご依頼頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です