ドイツ製オーブンを使うための電気工事

いつもお世話になっているお客様からドイツ製の電気オーブンを2台導入したいので電気の相談に乗ってほしいと依頼をいただきました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

パンを焼くのが趣味だとお聞きしていてガスのオーブンを使っておられたそうですが、ドイツ製電気オーブンを2台入れるために200V20Aのコンセントを増設させて頂くことに。2既存の分電盤に空き回路はありましたが、幹線の容量不足で新たに引き直す必要がありました。

幸い電力メーターBOXにはスペースがあり、ここに新しい幹線を増設するためのサーキットブレーカを取付できそうです。

200V単相用のサーキットブレーカーを追加しました。

少し分かりにくいですが、電力計BOXから対候性の高いPF管に幹線を入線して屋外配管を行います。

屋外配線は約25m。できるだけ目立たないように配管させていただきました。

天井裏へ幹線を通すために外壁に穴開け。梁を避けるために長い継ぎ足し工具を使って施工します。

穴を開けた反対側。幹線を新たに設置する分電盤の方へ伸ばしていきます。天井裏であっても配線はキッチリ固定します。

開口した部分はパテでしっかり隙間を埋めます。隙間をそのままにしておくとスズメバチが天井裏に巣をしてしまう事もあります。

既存分電盤の横にオーブン用の増設分電盤を設置します。回路数が少ないので既成のものを使わず少しでも安価に仕上げられるように提案します。

すっきりと納めることが出来ました。

同時進行でコンセント新設個所の開口です。

天井裏での作業を息を合わせて入線します。

無事に通線することが出来ました。

電圧もバッチリ!!

ご希望の場所に200V20Aのコンセントを2つ増設出来ました。幹線工事からの作業だったので一日かかりましたが今年中に作業が出来て良かったです。

K様、ご依頼いただきありがとうございました。おいしいパンが焼けたら・・・楽しみにしています(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です