トイレが割れた!?タイミング良く取替させて頂けました

この町のお助け隊、甲賀市のよしかわでんきです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

トイレが割れたみたいで水漏れが止まらないとご連絡を頂きお伺いしてみると・・・タンクレストイレの温水洗浄便座の部品が割れて水漏れしていました。

設置されてから20年近くという事で補修部品もなく便器ごと取替させて頂くことになりました。タンクレストイレは見た目スッキリして格好はいいのですが便座部分だけ交換出来ない事もあり、当店としてはあまりお勧めはしておりません。

早速取替の様子をお伝えしたいと思います。

便器を外すとフランジが見えてきます。新しいトイレのフランジと形状が違うので流用が出来ず、接着されたフランジを綺麗に外す必要があります。さらにタイル張りなので既存の排水管をそのまま流用する必要があり、写真はフランジ上部を切断して部分的に切れ目を入れて割りながら外しているところです。

フランジを接着せずに施工されているトイレにたまに出くわしますが、配水管が詰まった時にどうなるか・・・分かりますよね。なので必ず接着する必要があります。

古いフランジが綺麗に外れたので水栓も新しいものに取り換えます。配管が古いと割れたりするので慎重に作業を進めます。

新しく設置するトイレに合わせて床に穴を開けてアンカーを打ち込みます。フランジを接着固定して水栓も取り付けました。

今回はタイミング良く入荷した便器をご提案出来て本当に良かったです。

いまだ2ヵ月お待ちいただいているお客様もありますので、水回りの事で「あれ?おかしい?」と思ったら早めにご相談をお勧めします。

Y様、ご依頼いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です