寒い日の太陽光配線工事は注意が必要です

今朝はメッチャ寒かったですね。青空駐車の仕事車のドアが凍って開きませんでした。そんな寒い中の屋根上工事は気をつけないと凍っているところもあって危ないんです。

こんばんは。家じゅうまるごとお任せくださいのよしかわでんきです。

お客様宅へ向かう途中、この先の黒色の所がめっちゃ滑る~スタッドレスタイヤでも歯が立ちませんね。雪が積もってる方が余程マシです。甲賀町は積雪の機会は少ないですが朝の路面凍結はかなり多いですね。

昨日までに車庫屋根と農舎屋根の両方に太陽光パネルを設置させていただきましたが、農舎屋根が凍結していたので車庫屋根から作業を始めます。

パネルの下で配線をまとめて集電箱までの配線を保護するために紫外線に強い保護管に通す作業を行います。

保護管への通線作業は距離が長くなると抵抗が増すのでこのような潤滑材を使ってスムーズに通線出来るよう工夫します。

午後から農舎屋根側の作業を行いましたが、晴れているのに北側はまだ所々凍っています。乾いている場所を慎重に踏みながら配線をまとめていきます。

他の作業をしている間に結構溶けてきました。

南面はカラカラに乾燥してます!太陽の力はスゴイ!!

地形が複雑なので色々な道具を駆使しながら通線作業を行いました。

後は結線作業。時間は16時半。接続箱の蓋を閉めるためにも頑張って作業します。

日没までに結線作業も終わることが出来ました。

車庫側もバッチリ♪

予定していた作業が無事に終わって見上げた空は夕焼けが綺麗でした。

N様、明日もガンバリマス!!よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です