エアコンの暖房能力について

ここ最近の冷え込みで『エアコンの効きが悪い』とお問い合わせいただく事があります。今日の日テレスッキリでもエアコンの『霜取り運転』が話題に上がっていましたが、エアコンのカタログには『低温時暖房能力』が書かれています。これがエアコンの暖房能力のカギになります。

こんばんは。家じゅうまるごとお任せくださいのよしかわでんきです。

最近では、我々まちのでんき屋もお客様にエアコンをおすすめするときに『暖房として使われますか?』と必ず聞くようにしています。

それは何故かと申しますと安いエアコンは暖房機としては使えないからなのです!!

↑この機種はこのカタログの中で一番安い機種です。

↑この機種は最上位機種です。
※日立のエアコンカタログより抜粋

いかがでしょうか。低温暖房能力とは外気温が2℃の時の能力を表しています。暖房能力がかなり違うことが分かります。期間消費電力量も上位機種は少ないので、省エネエアコン=暖房能力が高いという事がほぼあてはまります。

エアコン暖房は電気代ばかりで効きが悪いと思われるのは暖房に向いていないエアコンなのです。

さらに寒冷地向けのエアコンだと霜取り運転中にも暖かい風が出るような工夫がされている機種もあります。

↑この機種は暖房エアコンという表現であるため最上位機種よりも暖房能力がさらに高くなっています。

省エネエアコンで暖房すると石油ファンヒータで暖房するよりもランニングコストが約半分になります。おまけに給油の手間も省けて寒い日にはありがたいと、実際に付けていただいたお客様にも評判上々です。

リビングやキッチンのエアコンは省エネ&暖房が良く効くエアコンで快適になりますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です