家電使いこなし講座「こたつ」について

 | 

今日は月曜定休日なので滋賀県電器商業組合で行っている有線放送の「家電使いこなし講座」の収録内容をお届けしたいと思います。

こんばんは。家じゅうまるごとお任せくださいのよしかわでんきです。

この家電使いこなし講座は2008年から滋賀県電器商業組合の環境カウンセラーとして持ち回りで守山市有線放送局で収録を行い、県内の有線放送局に配信されているものです。

最近はよく、「あんた有線で喋ってたなぁ」と声を掛けて頂けることが多いです。もしお聞きになられたらぜひ声を掛けてくださいね~。本人のテンションも上がります(笑)

では、第190回家電使いこなし講座「こたつ」の原稿を公開したいと思います。

Q.こたつの紹介
A. こたつの歴史の中で、日本人だけでなく、海外から来た外国人も使いやすいようにこたつが変わっていったことも関係しているかもしれませんね。部屋のデザインに合わせた丸いものや、椅子に座って使えるもの、一人用こたつといった可愛いものまであります。

Q.こたつ=省エネ?
A. 電気ヒーターで作られた熱がこたつふとんによって外に逃げることが少ないために効率よく温めることが出来る為に省エネ暖房器具と呼ばれています。電気ヒーターにも省エネの工夫がされていて、遠赤外線が発生するカーボンヒーターや天板の裏面全体がフラットになったヒーターを使用した商品は従来に比べ半分の電気代と言われています。また、機械的なサーモスタットを使った温度制御からサーモスタットや人感センサーを使った電子制御でより省エネなこたつが登場しています。

Q.こたつが原因の火災
A. こたつの中に洗濯ものなどを入れることでヒーター周辺が異常加熱し火災に至るケースがあります。また、こたつコードの劣化部分が異常加熱して発火に至るケースがあります。コンセントのトラッキング現象も注意が必要ですね。

Q.仕様の注意点
A先ほど火災原因にも出てきた洗濯物を入れない、コードを触ってみて熱くなっている部分があれば交換する、タコ足配線はしない、ハロゲンヒーターは眩しいので長時間見つめないなど注意してください。あとは、、、こたつでの居眠りは気持ちのいいものですが風邪をひかないように気を付けてくださいね(笑)

以上、皆様の参考になれば嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です