古民家リフォームの電気工事①

今日は朝から古民家リフォームの電気工事をさせて頂きました。

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。

 

セルロースファイバーという天然の木質繊維の断熱材を使った工法なのですが、施工後には壁や床、天井に穴を開ける事がほぼ不可能な為に後々の事を考えた施工が必要です。

 

さらに古民家なので梁が見える部分が多く壁も少ないので配線を通せる場所が限られます。

手間はかかりますが出来るだけ配線が目立たないよう綺麗な仕上げを目指して明日も頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です