床置きエアコンから壁掛けエアコンへ

床置きのエアコンが壊れたままなので自動フィルター掃除機能の付いたものに取替えたいとご相談いただきました。

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。

外す前の写真をしっかり撮影し忘れました。結構年代物の床置きエアコンです。自動フィルター掃除機能付きが希望という事で壁掛けエアコンへの取替を提案させていただきました。

室外機の故障しているのでフロンガスを回収します。従来はフロンガス回収機を使って全てガスを抜いていましたが、家庭用エアコンに限り回収したガスをフロンガス回収機を使って室外機に戻すことでお客様の負担をなくしました。

床置きエアコンの室外機を外すと配管を通す穴がこのような開け方。もう少し何とかできなかったのでしょうか?

簡易な方法ですが穴を塞いでおきました。

エアコン用コンセントは下方に付いていたので移設をします。壁からコンセントを外すと接地側が反対になっていました。これ施工した方、電気工事士免許ちゃんと持ってますか?。

埋込コンセントがあった場所から電源を取り出すために腰高プレートを使います。ただ、モールの向きが正しい方向でないので・・・

プレートとモールが当たる部分を加工して違和感なく収まるようにしました。

室内機の取付は真壁なのでタテ桟をつかってしっかりと固定します。

今回廊下越え配管をするのに左出し配管が都合よいので室内機の中で曲げる部分をベンダーを使ってキッチリ処理しました。

手で曲げるとこんなに綺麗に曲がりません。左配管で室内機が壁から浮いているのはこの曲げの処理がしっかり出来ていない事が多いですね。

室内機を取付て廊下越え部分はこのように化粧ダクトをつかって配管させていただきました。

同時進行で室外機を取り付けます。家の裏側なので配管はテープ巻きで良いとの事でした。出来るだけ綺麗に曲げ処理をして配管が浮いてこないようしっかり固定します。配管が終わったら電動真空ポンプを使って配管内を真空乾燥させます。

無事に取付が終わったので試運転をしながらお客様に説明をさせて頂きました。

T様、時間がかかってしまいすいませんでした。ご依頼頂き誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です