冷媒配管の接続箇所が隠されているエアコンを取り換えるには?

和室のエアコンを取替えて欲しいといつもお世話になっているお客様からのご依頼で本日工事に伺ってきました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

エアコン工事の依頼を頂いた時には現地確認に訪問させて頂いていますが今回も見に行って良かったと思う事例です。

古いエアコンという事を気にされていましたが、問題はそこではなくこのエアコンの真裏に潜んでいました。

このエアコンを取り付けた後からリフォームされた様子で冷媒配管が縁側にあるこの壁の中に隠されていました。この隠された中に冷媒配管の接続部分があります。撤去するだけなら冷媒配管を途中で切断すればいいのですが取替となるとそうもいきません。下見の時にその事を説明させて頂き見積をさせて頂きました。

実際の施工はこのように壁を開口して冷媒配管を接続できるように処置しました。

エアコンを外さないままリフォームすると壁もこんな感じになってしまいます。今回はこのような事態も想定して隠れる大きさを選定していましたのでリカバリー可能でした。

既存の開口部分が段違いになっていていつも使っている貫通スリーブが使えなかった為に湿気の防止と小動物侵入防止の為にエアコンの真裏で気密保持用のパテを使いました。

先ほど開口した部分は壁用点検口を取り付けます。くり抜いた部分を点検口の大きさに調整します。

無事に穴を塞ぐことが出来ました。これを取り付ける事で後に何かあった時でも容易に点検が可能です。

壁の色違い部分も無事に隠すことが出来ました。

屋外の冷媒配管が紫外線でボロボロになっているのを気にされていたので・・・

対候性のある化粧ダクトカバーで配管の保護をさせて頂きました。

T様にはもう一台エアコン取替の依頼を頂いていましたので工事の様子はまた紹介させて頂きたいと思います。ご依頼ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です