食器棚が邪魔をして暖房が効かないエアコンの取替

いつもお世話になっているお客様よりリビングのエアコンの取替依頼をいただきました。暖房の効きが悪かったのでその辺りも考慮に入れた省エネエアコンをご希望いただきましたので日立のフラッグシップモデルをご提案させて頂きました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

室外機が動かないという事だったのでフロンガス回収セットを積み込みます。

下見に行かせて頂いた時点で何故暖房の効きが悪かったのかおよそ検討が付きました。エアコンの真下に食器棚があり暖房時の下吹き出しした風が足元まで届かない事が大きな原因でした。

すでに古いエアコンを外してしまった写真ですが、この穴の左側にエアコンが付いていました。左下の食器棚に暖房の風が当たって足元が寒かったようです。

こちらのお客様も貫通スリーブが使われていませんでした。室内機の高さに対して穴の位置が高すぎるのでヤスリで下方向に1.5cm削りました。幸い勾配がしっかりとれていたので助かりました。

室内機の高さの問題で配管穴を広げたので出来た隙間はパテで埋めました。勿論貫通スリーブを使っています。最上位機種の室内機は重量級なので下地を探してしっかり固定しました。

無事に室内機を取り付けることが出来ました。

室外機側の施工は叔父に任せて僕はキッチンリフォームの現場に向かいました。

帰ってから試運転の様子を聞くと十分冷えて風も隅々まで行き渡るようになったという事でホッとしました。

N様、ご依頼頂きありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です