天カセエアコンから壁掛けエアコンへ

去年の夏から調子の悪かったお客様の天カセエアコン。修理も高額だし取替も高額になるので思い切って壁掛けエアコンに変更していただきました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

※予期せぬ雨が降り出してその対応をするために写真は少なめです・・・

天カセエアコンは部屋の真ん中に付いていたので壁掛けエアコンでそれを補うためエアコンの左側の壁に穴を開ける少し特殊な取り付け方を行いました。

穴を開ける前に構造物などがないか十分に確認します。絶対に失敗は出来ません。

予測通りの位置に柱がありました。問題なく避ける事が出来て良かったです。

開けた穴には定番の貫通スリーブを通して配管の保護と湿気や小動物の侵入を防ぎます。エアコン専用コンセントは天カセエアコンの室外機に直接挿入されていた200Vを屋外で目立たないように延長してこの位置に持ってきました。

エアコンと取り付ける為の背板も出来るだけ下地を探して固定します。下地がない場所ははさみ固定式の石膏ボードアンカーを使います。今回は省エネタイプの5.6kwエアコンでかなり重量級なので確実に固定する事が必須です。

さてこのあたりから雨がかなり強く降ってきて雷も鳴り出しました。雨養生する為に右往左往しながら作業を続けます。

屋外への配管出口はしっかりとパテを使って外気が室内に侵入するのを確実に防ぎます。

この防雨コンセントを避ける為に配管穴を少し左側に傾けて開けたのでした。

雨降りなので特にしっかりと真空引き。その間に周辺の片づけを行います。

右側の配管らしきものは天カセエアコンの配管です。後日切断してカバーする予定です。

無事に施工が完了して試運転を。大きなお部屋なので壁掛けエアコンで大丈夫なのか心配されていましたが最近の高級タイプエアコンは本当によくできていて温度ムラが気にならない制御を上手くやってくれます。お客様も納得でした。

N様、今回もご依頼頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です