リモデルタイプの洋式トイレは交換に注意が必要です

今日は朝から9月に入ってからのリフォーム準備の一日でした。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

まずは洋式トイレの取替依頼を頂いたお客様の下見から。洋式トイレは排水管の位置が重要で通常は奥の壁から200mmの位置に排水管の中心が来るように設置されています。和式トイレから洋式トイレに取替えたりする場合排水位置の大幅な変更なしに取替が出来る排水リモデルタイプが存在しています。

本体の品番からリモデルタイプだと分かるのですが、メーカーなどによってその排水位置の範囲に微妙な違いがあるのです。実際にお客様のお宅に訪問して型式と形を確認したところリモデルタイプ(排水位置の調整範囲は295mm~540mmの商品)だったので実際に便器を外して排水位置の確認を行いました。

このように浮かせて横から排水管をのぞき込み壁からの寸法を測りました。

排水位置を実際に測ると壁から500mmでした。お客様ご希望の新しい商品は調整範囲が305mm~540mmなので取付可能だと判断できました。

このように下見をしないと分からない事が多い商品なのでしっかりと下見をしたうえでご提案をさせて頂くようにしています。

K様、商品入荷まで今しばらくお待ちくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です