ピンポ~ンのチャイムからテレビドアホンへ

最近不用心やし玄関のピンポンを顔の見えるやつに換えてくれへん?ハイハイお任せください!!

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

玄関チャイムって大抵こんな高い位置に付いていることが多いですね。でもこんな高い位置にテレビドアホンのモニターを付けるわけにはいきません。お客様はこのチャイムの左斜め下にテレビドアホンのモニターを付けて欲しいというご要望でした。

普通であればこのチャイムから通信線を露出でモール配線にするのが一般的であると思います。

僕の思いとして出来れば目立たない取付を出来るだけ安価にしたい・・・という思いであらかじめ下見の時に配線が見えないように施工する事が可能だと判断しました。

取付ご希望の場所に配線が通せる場所があるかこのような下地探しの機会を使って確認をします。

干渉物がない事を確認してからテレビドアホンを取り付ける背面を開口し通信線と電源線を通します。

既設チャイムから通信線を延長し壁の隙間を通して先ほどの穴に通信線を延長します。点検口から天井裏へ入っての作業です。

無事にご要望の場所にテレビドアホンを取り付ける事が出来ました。電源は下のコンセントから分岐して壁の中を通しています。

お客様にモニターを見て頂ながら玄関子機を取付てカメラの向きを調整します。数年何とかしたいと思われていたことが解決出来て本当に喜んで頂けました。

T様、ご依頼頂きありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です