BSの映りがずっと悪かったのをスッキリ解決しました

先日のラグビーを見ていた時に画面が止まったりノイズが入ったり見るに堪えなかったので一度見てもらえませんか?とBSアンテナ修繕のご依頼をいただきました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

早速お伺いしてテレビのアンテナコンセントで確認すると電波の強さはそこそこなのですが信号の質があまりよくありませんでした。

次にブースターを確認したかったのですが、屋外に設置されているアンテナを確認したところブースターが見当たらないので屋内の何処かに設置されている模様。家の図面を見せて頂いても記入されていないので2階の屋根裏を確認すると・・・

見つけました!ブースターの増幅度を上げすぎると信号の質が悪くなるのですが、適切に調整されていました。ここでBSアンテナのレベルを直接測ってみるとやはり電波の質が悪い。

奥様に「いつからこんな感じですか?」と伺うと「この家を建てた時から・・・」え!我慢されてたんですか?

早速二段梯子を取りに帰ってBSアンテナの方向を調整します。調整前に手で動かしてみましたがしっかりと固定されていました。

調整前。左から電界強度(数字が大きいほど良い)、CN比(電波の質で数字が大きいほど良い)、ビットエラー(数字が小さいほど良い)となっていて・・・電界強度はもう少し欲しい、CN比は低い、ビットエラーは多め、多分このアンテナを調整された業者さんはデジタル対応のチェッカーをお持ちでなかったんでしょうね。デジタル放送は電波の強さと信号の質が大切です。少しの向きのずれで信号の質が著しく低下してしまいます。

調整後の数値です。電界強度は曇りなのでこれでOK、CN比は問題なし、ビットエラーは0でバッチリ!

BSアンテナにたどり着く為にこの太陽光パネルを避けながら・・・この細い部分を進むのは怖かったです。。。

リビングのテレビでもBSアンテナレベルを表示させてみると奥様が「アンテナレベルの棒があんなに長くなってるの見た事ない」と仰っていました。本来の性能を取り戻したアンテナは雨降りでもしっかりと受信できると思います。

H様、ご依頼頂きありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です