断熱材が鼠にかじられていたエアコン取替工事

先日からの雨で作業をお待ちいただいていたエアコン取替工事、3度目の正直でようやくお伺いする事が出来ました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

そこそこ強い雨だったので室外機近くの泥濘などが酷くなりそうな場所でした。

室外機が故障しているのでフロンガスの回収が出来ません。いつものように回収ボンベに配管分のフロンガスを回収して大気中に放出しないようにします。回収したフロンガスはお店に帰ってからフロンガス回収機を使って室外機に戻しています。

フロンガスの回収後は古いエアコンの取外しにかかります。ここも貫通スリーブが使われていませんでした。

エアコンの背中の写真です。貫通スリーブが使われていないと、このように断熱材が鼠の餌食になってしまう事もあります。こうなると配管の結露で壁の中がカビだらけになってしまいます。

新しいエアコンの背板を水平に取り付けて貫通スリーブもしっかりと取付を行い、小動物や湿気の侵入を防ぎます。

配管接続が終わったら真空ポンプを使って配管内をしっかりと真空乾燥させます。全ての作業が完了したら試運転を行って異常が無いかを確認します。

天候の都合とは言え長い間お待ちいただきすいませんでした。K様、ご依頼頂きありがとうございました。

そして、今夜はここで明日からのイベントの告知を・・・

明日11月1日(金)10時~17時、明後日11月2日(土)10時~16時まで水口サントピア会場で最後の合同展示会を開催させて頂きます。笑顔いっぱいでご来場をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です