温室効果ガス削減の為に~冷媒フロン類取扱技術者資格更新

今日は大阪まで冷媒フロン類取扱技術者更新講習に行ってきました。この資格は温室効果ガスである冷媒フロンを大気放出しない為に必要な最新の知識を得るために5年ごとに行われています。

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。

今年は各地で雪がほとんど降らず今までにない雪不足で不安な声が上がっていますね。実際正月に家族でスキーに行った時も全く雪がなくて人工雪のみでした。

今年も恒例のスキーに来ました♫

温室効果ガスであるフロンガスの大気放出と今の雪不足とは直接関係があるのかないのか分かりませんが、可能性のあるものは出来るだけ大気放出しない方が望ましいと思いませんか?

家庭用ルームエアコンに入っているフロンガスはレジ袋を14万枚製造するときに出る二酸化炭素と同じ量なんです。それが業務用エアコンになるともっともっと・・・

なので業務用エアコンは定期的な点検義務が義務付けられています。家庭用エアコンも温室効果ガスを出来るかぎり排出しないようにした方が絶対に良い事は分かって頂けると思います。

普段から家庭用エアコンもお客様の負担がないように工夫をしてフロンガスを排出しない努力をしています。

今日の講習会で紹介いただいたフロン法を分かりやすく紹介した動画です。他にもYouTuberの方による啓発動画もあるそうです。

これからもしっかりとした施工で温室効果ガスを削減できるよう頑張っていきたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です