消防車庫へエアコンの移設作業をさせていただきました

近所の教育集会所が取り壊されることになりそこに取り付けられていた新しいエアコンを移設させて頂く事になりました。

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。

車庫なので鉄板むき出しで断熱などはありません。エアコンを取り付ける場所にも加工が必要ですね。さらに、移設するエアコンは200V仕様。車庫には単相100Vしかありません。消防団の班長さんから区長さんに相談されたところ移設工事OKと返事を頂けたそうです。

事前に単相100Vを200Vも取り出せる単相3線式に工事して関西電力さんへも早めに申請していました。

そして本日移設工事をさせていただきました。まずは取外しから。フロンガスを室外機に回収します。

当店の施工ではありません。パテは入っていますが、貫通スリーブなし。断熱もいい加減で手で簡単にほどけました。ドレンホースもしっかり固定できていなくて外れかかっていました。

室内機を外したところ。背板は真壁に直接ねじ止めされていました。竹の下地には効いていますが、地震の時に壁ごと落ちてくる可能性がありますね。非常に危険な工事です。このような真壁に場合は縦ざんを使うかコンパネで補強を入れて工事する必要があります。

取外しできたので車庫の作業へ移ります。今回はこのようにC鋼の間にコンパネでエアコンを固定できる場所を作りました。貫通スリーブもしっかり使って冷媒配管の保護を行います。

ここから小雨がパラパラしだして作業に集中したため写真が飛んでいます。途中の写真はT君が撮っていたような・・・コンセントもこの位置に取り付けました。

※3月29日追記~T君より写真いただきました♪

幹線は張替済み。200V用漏電ブレーカーを増設しました。

化粧ダクトカバーが短いのは会館に使われていたものをそのまま流用した為です。配管は長めだったので流用し、フレア処理はすべてやり直して化粧テープも巻きなおしました。雨がパラパラしていたので真空引きは特に長めにして配管内の水分を飛ばしました。試運転もバッチリ!!

帰り際、JR草津線の油日駅の桜がチラホラと咲いていたので撮影してみました。今年はかなり早いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です