自宅ネット環境の困った解決依頼が増えています

ここ最近自宅のWi-Fi環境の困った解決依頼が非常に多くなっています。

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。

田舎の家は敷地が広く一台のWi-Fiルーターだけではいくら強力なモデルでも安定したネット環境を構築することは出来ません。

比較的電波状況が良ければ中継器を使えることもありますが、中継器を通った後では通信速度が落ちてしまって高画質の動画などはコマ落ちしてしまいます。

おすすめは有線LANを使ってWi-Fi子機の数を増やすことです。

本日も離れにあるWi-Fiルーターを母屋に移設する工事をさせていただきました。

床下点検口から配線を引き込めるルートを確認します。

この床下に入る前に点検口開けたらこんな状態。何処かの業者が蓄電池を付けたときの穴あけゴミがそのまま。そりゃ蓋をすれば見えなくなる部分だけどキッチリ掃除しましょうよ。こんな業者申し訳ないですけど見えない部分は確実に手抜き工事してると断言できます!見て見ぬふりは出来ないので綺麗に掃除させて頂きました。

床下からLANケーブル入線の穴を開けて通線します。

部屋の中は出来るだけスッキリして欲しいというご要望だったので光電話アダプターは床下に設置しました。

離れへLANケーブルを入線するための立ち上がり部分。配線保護のためにしっかりと施工させて頂きました。

2口コンセントを3口に、電話用のモジュラーコンセントとWi-Fiルーター用のLANコンセントを増設させて頂きました。

見た目のスッキリ施工出来て良かったです。O様、ご依頼いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です