半導体不足の影響はどれくらいありますか?

ニュースでも伝えられていますが、コロナや米中関係の影響、大手工場の火災などが原因で世界的な「半導体不足」が叫ばれています。皆さんも心配になっておられるのではないでしょうか?

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。

半導体とは、家電製品やスマホ・パソコンなどの「頭脳」の役割を担う、
それがなければ何も作れないというくらい重要な部品です。
今どきの自動車も「走る半導体」と言われ、
エンジンやブレーキ、ドア、ETC、車載カメラなど、多くの半導体が使われていて、
今車を買おうとしても、納車まで何カ月も待たされるようです。

当然家電製品も影響が出ていて、
商品やメーカーによっては既に品薄になっています。
でも現在のところは、メディアが煽るほどの深刻な状況ではありません。
ただ、今後はさらに深刻化する可能性があり、注視しています。

今、お客様にお伝えしたいことは、
長く使っていて調子が悪い家電製品や、
もうそろそろ買い替えかな…と思っている家電製品がある場合は、
少しお早めに検討された方が良いかもしれないということです。

気になるものがある方は、ご連絡ください。
現状や今後の見通しをお伝えして、
お客様にとって一番良い方法・タイミングをアドバイス
させていただきます。

壊れてしまった時にモノがなかったり、普段より割高だったりする事態は
できるだけ避けたいので、お知らせいたしました。

お問合せ・ご相談は、お電話やLINEでお気軽にお寄せくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です