事務所のエアコン取替をご依頼いただきました

この町のお助け隊、甲賀市のよしかわでんきです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

いつもお世話になっているお客様から事務所のパッケージエアコン取替のご相談を頂きました。

20年以上経過しているようで省エネ性能なども考慮し取り替えて頂くことになりました。

業務用エアコンは家庭用エアコンのようにフロンガスを室外機に回収するのではなく機器の中にあるフロンガスはすべて回収し破壊処理を行わなければなりません。

当店は第一種フロン類充填回収業者登録をしていますので業務用エアコンの工事も全て自社工事で完結することが出来ます。全量回収は時間が掛かるのでバルブをすべて閉じて配管内のフロンガスを回収後、室外機を取外してから室外機内のフロンガスを全量回収します。

フロンガス回収と並行して機器を取外していきます。毎度のことながらエアコンの冷媒配管を通す穴に光ファイバーを通さないで欲しいです。冷媒配管の断熱材を貫通していたり絡まったりしていて光ファイバーを傷つけたりする可能性もあります。一番ひどいのは気密を保つためのパテが剥がされたままになっていたりした事もあります。自分たちの施工性を重視するのではなくお客様が不利になるような施工は避けるべきです。ちゃんと光ファイバーを通すための穴を開けてくださいね。

新しい室内機を設置して屋外の配管を施工していきます。

家庭用のエアコンよりかなり太い冷媒配管です。手で曲げると簡単に折れるのでベンダーを駆使して屈折のないように曲げていきます。写真は配管を接続するためのフレア加工を行っているところ。

配管接続の際にはトルクレンチを使って既定の強さで締めあげます。締めたらなくても締めすぎてもフロンガスが漏れる原因になります。接続が終わったら電動真空ポンプを使って配管内を真空乾燥させます。

無事取り付けが完了したら試運転を行い問題無いことを確認しました。

畿央不動産様、ご依頼いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です