自治会館に太陽光発電システム設置

半年前ですが、地元自治会館に太陽光発電システムを設置した時の様子を書いてみたいと思います。

こんばんは。家じゅう丸ごとお任せくださいのよしかわでんきです。

パナソニックHIT10.29kwのシステムです。

今回はこのような金具で屋根に穴を開けない施工方法で行いました。

金具を寸法通りに配置して・・・

パネルも綺麗に配置完了です。

同時進行でパワーコンディショナなども取付ていきます。

パワーコンディショナの固定で壁面にアンカーを入れますが雨水が入らないよう太陽光用のシーリング材でしっかり防水処理しました。

配線が目立たない施工が出来るよう天井裏に潜り携帯で電話しながら外から中からの作業を上手く連携出来ました。

幹線もかなり余裕を持たせた選定で電圧抑制対策をしています。

既存分電盤との接続。100sqの幹線に電力検出用ユニットを取付。その他細かな部分の接続調整を行って数週間後に無事竣工となりました。

連携日は素晴らしい晴天で発電量も申し分ないスタートとなりました。このシステムで日常の電気をまかなって、さらに、あっては困りますが、いざ災害の時にも地域拠点として素晴らしい威力を発揮してくれると思います。

ご依頼いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です