新築戸建住宅に隠蔽配管・エアコン設置

昨年から隠蔽配管の準備を進めていたお客様の新居がようやく完成し購入いただいたエアコン設置させて頂きました。

こんばんは。家じゅうまるごとお任せくださいのよしかわでんきです。

特に床などに傷をつけないように、脚立を立てる場所は保護マットを引いた上にコンパネを置いてその上を毛布で養生しました。設置に集中しすぎて足元の写真を撮り忘れてしまいました。

これだけ養生をするのは気を付けていても工具などを落としてしまう可能性があるから。ピカピカの新築フローリングには傷が付いたらえらい事です。

  

まずは和室から。隠蔽配管の準備をしていたので位置決めしてすんなりと取付ることが出来ました。

  

  

洋室の隠蔽配管エアコンの取付。こちらは日立の凍結洗浄シリーズです。最近の省エネエアコンは熱交換器の表面積を確保するために奥行きがあります。加えて重量も相当なものでしっかりした壁下地を入れてないと地震の時に落下する危険があります。

  

 

こちらは隠蔽配管ではなく、後から穴を開けての施工です。建築時に筋交いの位置などを確認して構造物を切らないよう穴を開けました。開けた穴には貫通スリーブをつかって確実な施工を行いました。

  

 

こちらも事前に構造物の位置を確認してから穴あけ施工しました。貫通スリーブをつかって施工し、配管穴はパテ埋めして外からの小動物と湿気の侵入をシャットアウトです。配管カバーは外壁の色にあったものを選びました。

H様、沢山のご依頼を頂きありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です