補聴器の体験をしていただきました

今日は午後から補聴器の体験をしていただく為にお客様宅へ訪問しました。

こんばんは。家じゅうまるごとお任せくださいのよしかわでんきです。

奥様がここ最近、チャイムの音が聞き取りにくくテレビの音も大きめ。加えて旦那様の喉の調子が悪く、日常会話に支障があると相談を受けました。

補聴器の専門スタッフと一緒に訪問させていただき、耳鼻科で使われているものと同じ聴力検査器具で聞こえの状態を確認します。

通信販売などの収音器は全ての音をごちゃまぜに大きくしてしまうので、頭の中でワンワンと鳴り響くような感じになるそうです。

対して補聴器は高い音から低い音の中で聞こえにくくなっている部分のみ普通の聴力と同じレベルになるように補正します。この、普通の聴力になるように調整するというのがミソで、聞こえにくさに合わせた調整が必要な機器なのです。

補聴器の値段差は、色んな音の中で目的とする人の声のみを抽出できるかの能力によって決まっています。高ければよいというものではないので目的に合った種類を選ぶことが重要です。

今日のお客様も、聴力に合わせた補聴器を体験いただいた時に聞こえやすさと耳の大きさにピッタリで痛くないと喜ばれました。旦那様も声を張り上げることなく普通に会話できるので気に入っていただいた様子。

夫婦で購入すると決めていただきましたので来週お届けに伺います。お二人の笑顔をみて嬉しくなりました。O様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です