猛暑の中ですが冬の事を考えたエアコン選びも大切です

この猛暑に暖房の事を考えたエアコン選びなんて想像つかないかもしれませんが、リビングやキッチンなど使用頻度が高いお部屋であれば特に考えて頂きたい事なのです。

こんばんは。地域のお助け隊よしかわでんきです。

メッチャ寒い日に石油ファンヒーターの灯油切れ。猛暑の今では想像すら出来ない事です。しかし思い出してみてください。若くて元気な人でも億劫ですよね。

そこで、キッチンやリビングのエアコンは特に暖房までをしっかり考えたエアコンを選んで頂きたいです。

エアコンの暖房って電気代がめっちゃかかるイメージです。でもどのメーカーも上位機種になれば省エネで暖房をしっかり効くエアコンがあるんです。

何度も言いますがお部屋によっては暖房までを考えたエアコン選びを頭の片隅に置いてくださいね。

うちのお店は和風建築のエアコン工事も得意です。

こういった漆喰の壁は古くなると浮いてきたりしています。これを勢い任せに穴を開けると白い部分が「バーン!」と花が咲いたように取れてしまいます。

なので特に慎重な穴あけ作業が必要になります。穴を開けた後も配管などを通す時に剥がれ落ちてしまうので・・・

このように貫通スリーブの耳を利用して壁の落下を防ぐような事も行います。浮いた壁を補修提案する事も提案しますが、現状維持も大切な技だと思っていつも慎重な作業をさせて頂いています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です