壁に埋まったエアコン・・・

パッと見てすごく薄いエアコンやなぁ~って思うんです。で、ジワジワと困った事が頭を過るんです。

こんばんは。地域のお助け隊よしかわでんきです。

この角度からだと違和感をあまり感じません。結構薄いエアコンが付いてるんやなぁって思ったんです。

が!!1/3埋まってます・・・エアコンを外さないままに和室から洋室にリフォームをされたんでしょうね。

壁に付いているエアコンは上から下に3cm程度引っかけて取り付けられています。つまり外そうとすると3cm程度上に持ち上げるスペースがないと外すことが出来ません。この天井はエアコンの上ギリギリに施工されているので取り外すスペースがありません。

こんな場合どうするか・・・無理やり引っ張って破損させながら取り外すしかないのです。お客様には天井に傷が入る可能性を説明して作業させて頂きました。

バキバキと引っ張りながらなんとか取り外すことが出来ました。さてこの先新しいエアコンをどうやって取り付けるかが問題です。同じ寸法ではないのでこのまま取り付ける事は出来ません。

そこで、見た目とこの先の事を考えてガッポリ穴の開いた部分に下地をして周りの壁と同じ厚みの合板を加工して下準備をしました。

エアコン取付位置をギリギリまで下げて引っかけ代も確保しました。

既存の壁とエアコン取付板の出代を合わせることで違和感なく取付する事が出来ました。

室外機の屋根置台はまだ再利用できるのでそのまま使いました。室外機固定用のボルトが一本だけ錆びていたので手持ちの部材で補修しておきました。

実は今日施工させていただいた部屋の隣も同じような事になっているエアコンがありました。このエアコンを取り換える時にはよしかわでんきに頼むわ!!って言っていただき嬉しかったです。

S様、ご依頼いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です