隠蔽配管エアコン取替で焦りからのミスをしてしまいました

今日は朝から隠蔽配管エアコン2台と1階標準取付エアコン取替1台を二人でさせて頂くお仕事でした。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

事前の下調べで簡単には出来ない隠蔽配管だと分かっていました。今日は18時半から経友会の例会があり僕が担当当番だという焦りもあったんだと思いますが・・・二台目の隠蔽配管エアコンの取付時に冷媒配管の施工が悪くフロンガスが漏れてしまいました。

一台目はドレン配管に癖はあったもののトラブルなく取替できました。

隠蔽配管は配管の取替は出来ませんが接続部分となるフレア加工は再度行うようにしています。同時に配管内の不純物も洗浄を行っています。

足らない配管を延長して取替の準備を行います。結露しないように断熱はしっかり行います。

無事に取り換える事が出来ました。

そしてもう一か所の隠蔽配管エアコンの取替。ドレンの施工方法が先ほどと全く違います。ドレンホースの断熱が出来ていなかったので追加施工しました。この前に冷媒配管を延長する際少し短く寸法を取ってしまったようで結果的にそのせいで配管接続部のフレア加工が上手くできずガス漏れしてしまいました。

即座に配管内のフロンガスを回収して配管長さを再調整・施工しなおして今度は上手くできました。

大幅にタイムロスをしてしまったために当番であった経友会の例会に出席できず、お客様にも遅い時間まで作業の作業でご迷惑をかけてしまいました。

時間に縛られるとどうしても焦りが出しまいますが、今後は今以上に気持ちに余裕をもって作業をさせて頂きます。

S様遅くまで申し訳ございませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です