勉強部屋のエアコン新設工事~基本を抑えたキッチリ施工

いつもお世話になっているお客様から寝室のエアコン取替と子供部屋にエアコン取付を依頼いただきました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

昨日のブログの続きです。

寝室のエアコン取替工事~基本を抑えたキッチリ施工

エアコンを取り付けたい壁の外側にかけ屋根があるので冷媒配管の向きを変更してお客様のご要望を叶えることが出来ました。

少し分かりにくいかもしれませんが、正面の壁にエアコンを取付けて右側の壁に穴を開けて冷媒配管を通せるようにします。

気を付けなければいけないのは冷媒配管の穴を開ける右側の壁に構造物がないかを確認する事です。柱や筋交を傷つけるような事があってはいけません。このような下地を探す機械を使って慎重に調べます。

穴を開ける中心にこのような小さな穴を開けてさらに確認します。穴を開ける時には内側から一気に開けるのではなく、綺麗に開口する為に内からと外からと別々に開けます。その為の位置出しも兼ねています。

無事に冷媒配管用の穴を開ける事が出来ました。

開口した穴に貫通スリーブを通します。

のぞき込んだらこんな面白い写真が撮れました。

続いてエアコンを固定するための背板を取り付けますが下地がない部分の固定には石膏ボード用のねじ込み式アンカーを使います。これは地震対策でもあり、これ以外の石膏ボードアンカーはメーカーも推奨していません。

冷房時のドレン排水がキッチリ行われるよう背板は水平を確認して確実に固定します。

同時進行で室外側の作業も行います。配管カバーは外壁の色に出来る限り合わせて施工させて頂きます。これも事前に下見を行うから出来る事です。

全ての作業が完了して十分試運転も行いました。室内側の配管も目立たないようにカバーをさせて頂きました。

ご依頼いただいてからお待ちいただいてすいませんでした。Y様、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です