カーポート屋根に配管が通るエアコン交換

タイトルをご覧いただいて何のことかピンと来ないと思います。まずは写真をご覧ください。

 

エアコンを取付けた後にカーポート屋根が出来たようです。配管を移設せずにそのまま屋根を施工されたのでこのような状態になってしまっています。さてどうやって最小限の変更でエアコンを交換するか・・・ご覧ください。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

エアコンを取りはずすためには冷媒配管を外す必要がありますが、ご覧いただいた通り普通に外せないのでカーポート屋根に上って配管を切断します。人が乗るようには設計されていない場所なので落ちないように乗る場所を慎重に選んでいざ!

こぶしがどうにか入るスペースに手を突っ込んでカバーを外し、マルチツールで配管を切断しました。

どうにか古いエアコンを外すことが出来ました。天井が高いお家で下方向に余裕があるので既存の穴を塞いで新たに穴を開けたいと思います。

カーポート屋根の下に配管穴が来るよう位置を見極めて開口し貫通スリーブを通しました。古い穴はこのようにしっかりと塞ぎます。

この位置であれば標準工事で施工できてメンテナンスも容易です。

屋外側の古い穴もしっかりと塞いでおきます。

既設であった配管カバーを再加工して取付しました。貫通した部分はパテを使って気密性を確保します。

全ての配管が接続出来たら真空ポンプで配管内の空気を抜いてしっかりと乾燥させます。

試運転も良好で無事に取付が完了しました。

最初下見に行かせて頂いた時に「これは難しいなぁ」と思いましたが、冷静に一呼吸おいて見積を書いている時に穴を開けなおす案が浮かびました。その場での閃きと冷静な判断が出来て良かったです。

S様、ご依頼頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です