リフォームに伴う分電盤の更新をさせていただきました

店舗だった場所をリビングダイニングにリフォームされるお客様宅の古い分電盤を取替させて頂きました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

キッチンを併設するにあたり回路数が全然足らないので新しい分電盤に取替です。

幹線は電源を切る事が出来ないので通電状態のまま作業します。写真で見える太い線(幹線)をショートさせてしまうとアーク放電と呼ばれる状態になり、溶けた銅で火傷や火災の危険があります。作業には細心の注意が必要です。

無事幹線の接続が終わりました。後は各回路の接続を電圧を間違わないように行います。

すべての配線が接続できました。表に自動販売機等がありこの分電盤から電源が取られていました。その為停電時には発電機を準備して作業を行いました。

断熱材の埃が凄いので蓋をする際に分電盤の袋で保護しました。年内に竣工予定との事で後は照明器具とエアコンの設置を頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です