凍結洗浄の最新モデルと取り付けさせて頂きました

和室のエアコン、夏ごろから効きがイマイチだったので暖房もよく効くものに取替えて欲しいとご依頼を頂きました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

効きが悪いという事だったので強制冷房運転にしてフロンガスを回収しようと思いましたが、一向に室外機が回りません。どうやら完全に故障してしまった模様。急遽フロンガスを回収出来る真空ボンベで配管内のフロンガスを回収して作業を進めました。

室外機を外す時に思いきり引っ張っても抜けず苦労して外しました。配管穴を開けた時にこのような構造物が出てきたので貫通せずに半分の穴の大きさで何とか配管を通したようです。余りに穴が小さかったのでマルチツールで室内側の配管穴を大きくしました。

同じ大きさで配管穴を貫通出来ないのでいつの模様に貫通スリーブが使えません。このような場合はパテを使って室内機側と室外側両方で気密を保てるようにします。

収納スペースを越えて室外機への配管が伸びていました。使える材料はそのまま利用して出来るだけコストを抑えられるように工夫して施工させて頂きます。

最新の上級機種には室内機の凍結洗浄に加えて室外機の洗浄も自動的に行う機能が搭載されました。このあたりの実用性については自宅キッチンに取り付けてみて検証をしてみたいと思っています。

A様、ご依頼頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です