お風呂に青い跡がつくのはなぜ?

 | 

先日、リフォームしたお風呂のお湯が青く見えると相談をいただいたことをブログに書いたことで同じような現象で気になるとご相談いただきました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

リフォームしたてのお風呂のお湯が青い

今回ご相談いただいた内容は、お湯は青く見えないけど青い付着物が気になるということでした。

これは、石けんや湯垢に含まれる脂肪酸と、微量の銅イオンが反応して、不溶性の銅石けんが生成されるものだそうです。人体には害はありません。台所用の油汚れ専用洗剤を使うと、きれいに取り除けます。

昭和時代の小学校の理科の教科書には「銅のサビの一種である緑青には毒性がある」と書かれていたそうです。しかし、これは間違った知識だということが判明しています。

実際にどの程度銅イオンが含まれているのか調べてみました。左が銅配管を通ったお湯。右が塩ビ配管を通った水です。確かに銅配管を通ったお湯に微量の銅イオンが含まれていることが分かりました。

「原因がわかってすっきりとした」とおっしゃって頂き良かったです。


銅に関して参考にさせていただいた日本銅センターさんのページ
http://www.jcda.or.jp/recruit/tabid/87/Default.aspx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です