道路照明灯の角度調整をさせていただきました

先日設置させていただいた道路照明灯の点灯確認に巡回させていただいた際に「もう少し遠くが明るくならないかな」と感じる場所がありました。実は光源ユニットの首が0度~20度まで角度調節ができるようになっているんです。

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。

照明灯が住宅が近い場合などは0度に調整して住宅を照らさないようにしたり、反対に照明灯の設置場所が交差点から離れている場合などは少し上向きにすることでより広い場所を照らすことが可能です。

昨日、ハイワークをレンタルしたついでに道路照明灯の角度調節をさせていただきました。

写真では分かりにくいですが、最初のものが角度調節前、次のものが角度調節後です。影の位置が奥にずれているのが分かると思います。これ以上は民家を照らしてしまうのでここまでとしました。

調節は光源ユニットの背中の部分で行うようになっています。

この作業は夜になって実際に道路が照らされる状態にならないと分からないので暗い中での高所作業となります。バケットをぶつけたりしないよう細心の注意で作業を行いました。

せっかく取り付けた器具がその能力を発揮できるようにするための調節も大切な仕事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です