ニュースレターで感震ブレーカーの大切さをお知らせしました

先日お客様に配布させて頂いたニュースレターに感震ブレーカーの大切さを記事に書きました。それをご覧いただいたお客様から取り付けて欲しいとご依頼を頂きました。

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。


※クリックすると拡大します。

ご覧いただいた通り重りを使った手軽な通電火災対策もあります。しかし大きな地震発生後にいきなり停電してしまう事がデメリット。夜であれば避難する余裕もなく真っ暗になるので危険ですね。

そこでもっと安全に通電火災対策が出来る商品という事で感震ブレーカーなんです。

感震ブレーカーは震度5以上の揺れを加速度センサーで感知すると3分後に通電を遮断するようになっています。夜間などに地震が発生した際に避難照明を確保できます。ただし地震後すぐに停電した時、照明点灯しませんが通電復帰後は自動的に電気を遮断して通電火災を防げるようになっています。

今回ご依頼いただいたお客様はブレーカーの老朽化も気になっておられたようで全面的に新しく施工させて頂くことになりました。電気の事が分かる方が見れば結構危険な施工になっています。

古いブレーカーをすべて取り除いて必要のない配線もすべて整理整頓します。この間停電が必ず発生してしまいます。

停電時間を最小限に抑える為に途中の写真撮影は出来ませんでした。

この写真の一番右側が感震ブレーカーです。震度5以上を検知すると3分後に疑似漏電状態になり主幹漏電ブレーカーが遮断する仕組みです。

写真が少なかったのでお詫びに感震ブレーカーが作動する様子を動画にしてみました。これからもYouTubeでもいろんな情報を発信したいと思っていますのでよろしければチャンネル登録をおねがいします。

Y様、ご依頼いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です