電気温水器のお湯の温度が不安定~強いシャワーのエコキュートへ

いつもお世話になっているお客様より電気温水器あまり調子よくないのでそろそろ取替えたいとご相談いただきました。強いシャワーが使えるのがいいというご要望でした。

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。

古い電気温水器は日立製でした。お湯を出した瞬間熱湯が出てその後設定水温が出るというちょっと危険な状態です。交換部品も供給打ち切りで完全に使えなくなる前に交換しようと思い切っていただきました。

さて強いシャワーが希望という事なので給湯圧力の高いエコキュートがご希望です。

一般的なエコキュートは給湯圧力190kPaと水道元圧の約3分の1に減圧されています。これは貯湯タンクの耐圧の問題もあり水道直圧であればタンクや周辺機器等もかなり補強されたものを使う必要がありコストが上がるのを抑えるためです。

しかし強い給湯を希望される方も多く各メーカーともに高圧タイプのエコキュートをラインナップしています。給湯圧力は320kPa程度と水道圧力に比べ減圧されるものの標準タイプに比べ強い圧力で給湯できるようになっています。

さらに、水道直圧タイプという究極のエコキュートが日立から発売されており、水道の元圧そのまま給湯できるようになっています。強いシャワーがご希望の方は機種選定の時に考えてみてはいかがでしょうか?ただしお値段が少々高めです。

今回は、この日立の水道直圧型エコキュート「BHP-F46SD」を選んでいただきました。

早速作業させて頂いたのでその様子をお伝えしたいと思います。

事前に既存の配管種類の確認や設置場所の大きさなどを確認して取替当日にスムーズな作業が出来るよう段取りを行います。この段取りがいい加減だとお客様にご迷惑をおかけする事になってしまいます。

実作業はここから~古い電気温水器を外して新しいエコキュートのタンクを設置するために足を固定するアンカーボルトをしっかりと施工します。

新しいエコキュートを基礎の上にしっかり固定して配管類を繋げていきます。この日は午後から外出したいとのご要望で家の中の作業は午前中で全て完結できるよう2人で手際よく作業をさせて頂きました。

家の中の作業で一番大変なのはお風呂のリモコン取替。シーリング材を綺麗に剥がすのに結構時間がかかります。新しいリモコンを付ける際には固定ビス用の穴を開けたりするので切粉が落ちて錆が出ないようしっかり養生も行います。

何とか外出されるまでにすべての作業を終えて試運転も完了しました。午後から配管類の断熱と倒れ止めの施工をさせて頂きましたが写真の撮り忘れ・・・

帰宅されてから湧きあがり確認と説明に伺いました。

翌日にシャワーの感想をお聞きしたら今までと比べ物にならない気持ちの良いシャワーが出て本当に良かったとおっしゃって頂けました。

I様、ご依頼いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です