30年使ったトイレを新しくさせて頂きました

先日ニュースレターで甲賀市のリフォーム補助金の事をご紹介させて頂いたのですがそれをきっかけにリフォームのご相談を頂いています。今回は30年使っておられたトイレを新しくするというご依頼でした。

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。

甲賀市のリフォーム補助金については従来に追加して在宅勤務の為の改修や換気機能やウイルス除去機能が付いたエアコン設置工事も対象になりました。

詳しくは甲賀市のホームーページをご覧ください。お申込み期限は5月31日(月)です。
https://www.city.koka.lg.jp/16104.htm

このトイレ、温水洗浄便座からの水漏れがどんどん酷くなってくるという不具合が出ていました。もちろん補修部品もありません。温水洗浄便座のみ交換も可能ですが、節水型で自動洗浄・自動便座開閉の出来るものをご希望頂きました。

古い便器を取り外す準備を進めていきます。溜まった水を吸い出していきます。

古い便器を取り外した後に新しい便器を取り付けるためフランジの清掃を行います。排水ソケットの長さもよく確認して切断します。これを間違うと正しい位置に便器を取り付ける事が出来ません。

 

排水ソケットにガスケットを取り付けて床に固定します。タイル張りなので振動ドリルで穴を開けて専用のアンカーを挿入ししっかりと固定します。

水栓も新しいものに取替えます。古い水栓を取替えるときにはいつも緊張。受けが鉄管の場合最悪ネジ穴ごと破損してしまう事もあります。今回は綺麗に外れましたが30年余りのサビでネジ山が傷んでいたので専用タップを使ってネジ山の掃除をしました。

新しい水栓も無事取付完了。

新しい便器はLIXILのアメージュZ。自動洗浄・自動便座開閉機能付きです。

このフチレス形状は掃除も楽でいいですね。

さらにこの部分を簡単にリフトアップ出来るのでなかなかできなかった部分のお手入れも気軽期出来ます。

S様ご依頼頂きありがとうございました。補助金抽選ですが当たりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です