室外機や配管をできるだけ目立たないようにしてほしい

玄関先にエアコンの室外機がドーンとあるのはできれば避けたいとご相談いただき頑張って施工してまいりました。

いつもありがとうございます。この町のお助け隊よしかわでんきです。

この畳の部屋に室内機を取り付けて配管は縁側を超えて・・・このまま外に配管を出してしまうと玄関の目立つ場所に配管が通ってしまうので、今回はこの縁側の床に穴をあけて外から見て配管が見えないように施工させていただきます。

室内側も出来るだけ自然になるように縦さんを使わず木板を加工して下地を作りました。

続いて配管を外に出すため床に穴を開けます。根太を切らないように位置をしっかり確認します。

準備が出来たら室内機を取り付けて配管の接続を進めていきます。同時進行で配管カバーの施工も行います。

室内側はこんな感じに仕上がりました。

エアコン専用コンセントの配線も出来るだけ目立たないように工夫しました。

室外側も配管距離は長くなりましたがスッキリと施工できました。

お客様にご満足いただける施工が出来てよかったです。S様、ご依頼いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です