部屋に囲まれた場所にエアコンをつけるあの手この手

この町のお助け隊、甲賀市のよしかわでんきです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

いつもお世話になっているお客様から周りが部屋に囲まれている場所にエアコンを付けられる?とご相談を頂きました。

早速見にうかがったところ、冷媒配管やドレンを極力見えないようにするのはなかなか難しい雰囲気でした。

天井裏を見たり床下に潜ったりしてどうにか目立たない配管経路を見つける事が出来ました。

お客様に施工方法を説明してご納得いただいたので早速の施工です。

まずはこの場所にエアコン本体を設置。穴を開けた先は物置部屋になっています。

収納部屋からキッチン収納庫の天井裏を目指していきます。

キッチン収納庫の天井裏壁にメンテナンス用の点検口を開口しました。ここから床下方向に冷媒配管とドレンとアース線を通します。天井方向はエアコン用の電源を通していきます。

収納庫の棚がこれだけあるのと高さが低いので穴あけは結構大変でしたが無事に開口できました。ここから床下を通って室外機に向かいます。開口した穴の数は何と9か所+点検口1か所!!おかげで周りの部屋やその他の雰囲気を壊さない施工が出来ました。

完成した写真を見ながら順に追っていきます。

エアコン本体はこの場所に。

収納部屋を通る配管は化粧カバーで仕上げました。

キッチン収納のメンテナンススペースは白枠の壁用点検口を使いました。

収納スペースの配管貫通にも化粧ダクトカバーを使いました。

床下は勾配を十分とって配管が垂れないように確実に固定しました。

これだけの経路を通って室外機にたどり着くことが出来ました。

Y様、今回もご依頼いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です