店舗の照明器具とエアコンの取替~少しの工夫で満足度アップ♪

この町のお助け隊、甲賀市のよしかわでんきです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

いつもお世話になっている美容院さんから照明器具とエアコンの取替依頼を頂きました。エアコンは経年劣化で動作が安定しない模様。

照明も古くなってきたのでもう少し明るくという事でした。まずは照明器具の取替の様子から。

既設の照明器具は後からできた庇で隠れてしまっています。せっかくなので移設を試みます。

器具を外して壁裏に入線できるお事を確認してから器具を移設する場所を開口。無事に入線出来ました。

穴の跡は白色に塗装したステンレスプレートでしっかり塞いで、新しい器具と共にシーリング材で雨が入らないように処置しました。

点灯テストの様子。ガラスグローブの模様が反射していい感じです。暗くなると自動的に点灯するので手間も省けますね。

こちらの照明もグローブが割れてしまい電球もない状態になっているので、自動点灯タイプに交換。

こちらは人感センサーも付いていて周囲が暗くなるとぼんやり点灯、人が近づくと明るく点灯するタイプです。

夜に点灯を確認に行くとグローブの向きがおかしいことに気が付いて・・・

正しい向きに直しました。

駐車場に向けてセンサーライトも2か所取付。こちらも夜に点灯テストをしたところ、道路に向かって眩しい向きになっていたので明るさを確保できる範囲で再調整させて頂きました。

エアコンの取替はダイキンのルームエアコン取付研修過程を受けた専任スタッフが担当しました。室内機を取り付けたまま新しいクロスが張られているので古いクロスが見えないように位置調整をいつも以上に慎重に施工します。配管スリーブも入っていませんでしたので、必要な部材もしっかりと使って作業を進めます。

新しく取り付けさせていただくエアコンは2ランク能力を大きくしていただいたので100Vのコンセントを200Vに切り替える必要があります。こういった機械を使って回路の特定をするのですが、その際にこのエアコンの下についている一般のコンセントと配線が供用されている事が分かりました。

おそらくコンセントの増設を行ったんだと思いますが、エアコン専用コンセントから分岐するのはご法度です。このように電圧切替を行った時にエアコン近くのコンセントに200Vかかっていて気付かずに家電製品を壊してしまうケースもあります。今回はこのコンセントの真裏に屋外コンセントがありましたのでそちらから100V回路を分岐して事なきを得ました。

店舗休みの日に作業をさせて頂きましたが、午前中で無事施工が終わりよかったです。

T様、ご依頼いただきありがとうございました。後日様子をお伺いしたときにエアコンも照明も良かったと喜んでいただいて嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です