凍結洗浄エアコン取付させていただきました

冬の感謝祭でお買い上げ頂いた凍結洗浄エアコンをお部屋の移動が終わってからという事情で本日取付させていただきました。

こんばんは。家じゅうまるごとお任せくださいのよしかわでんきです。

エアコン内部を凍らせて洗浄する日本初の「凍結洗浄」を搭載した「ステンレス・クリーン 白くまくん プレミアム Xシリーズ」ですが、室内機が大きく重いのでいい加減な設置を行うと落下の危険もあります。省エネエアコンはどのメーカーも重量級が多いので特に注意して取り付けます。

まずは、室内機取付の位置を決めます。65φの穴を開けるのに室外側に干渉物がないか、柱や筋交いなどを避けられる位置を割り出します。

室内側から小さな穴を開けて最終的な穴の位置も確認します。特にこのような漆喰壁はいきなり大きな穴を開けるとボッコリ剥がれてしまうので慎重に作業します。

慎重に開けてもこのようにヒビが入ってしまう事があります。今回はカバーで隠れるのでホッとしました。

開けた穴にはこのような貫通スリーブを通して小動物の侵入や湿気の侵入を防ぎます。貫通スリーブが入っていないためにネズミが侵入した例もありました。

エアコンを取り付けるための背板を固定します。このように水平をしっかり取らないと水漏れの原因になります。

化粧ベニヤ板だけでは重量級エアコンの室内機は支えきれないので胴縁までしっかり届く長さのネジでしっかり固定します。

背板の固定が完了すると室内機を取付します。同時進行でエアコン専用コンセントの施工を行います。

埋込コンセントを取り付ける為に壁を開口します。コンセントの向きはこの方向に付けたいのですが「200V用」の文字が反対向きになるので・・・

シールをはがして「200V用」が正しい向きになるよう取り付けました。

エアコンコンセントはアース必須なのでアース工事も行います。

室外側も配管を行います。お客様と相談して今回はダクトカバーを用いた施工を行いました。

配管が完了すると電動真空ポンプを使って配管内の真空乾燥を行います。

スッキリ取付させていただく事ができました。試運転もバッチリ。

当店でお買い上げのエアコンには7年延長保証を付帯させていただいています。

O様、お買い上げありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です