エアコン穴あけで気を付けていること

急に暑くなったこともあって連日エアコン取付の依頼を沢山いただいています。ありがとうございます!!出来るだけ早く取付にお伺い出来るよう頑張っています。

こんばんは。地域のお助け隊よしかわでんきです。

エアコン設置の際に壁に穴を開けますが、図面があるお家は見せて頂いて穴を開ける部分に筋交いなど補強が入っている位置を確認してその部分に穴を開けないようにしています。

図面が無い場合は・・・いつも「変なもの出てきませんように」と祈りながら開けています。

今日は久々に筋交いさんに出会ってしまいました。耐震性能が損なわれるといけませんのでこれは後から補修するとして・・・

反対側に開けました。エアコンの配管は左右どちらでも取り出せるようになっています。筋交いが出てくる事態も考えて左右柱が避けられる位置を考えて穴を開けています。

最初に開けてしまった右側は切り抜いた板を固定して隙間をパテで埋めます。小動物が出入りできないようにするのと湿気が室内機に入らないようにするためです。エアコン本体を取り付けると隠れてしまうので見た目は全く気になりません。

実はエアコンの取替を頂いた時に外してみると筋交いを貫通してしまっているケースを見かけます。耐震性能を台無しにするエアコン設置を行わないように日々気を付けて作業させて頂いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です