エアコンが使えない場合ここを確認してみて!!

本日もエアコントラブルの対応に走り回りました。ありがたい事にこのブログを見てお仕事を依頼いただく方も増えています。エアコントラブルもお客様で対処できる事もありますのでそういった情報も発信していきたいと思います。

調子の悪いエアコンのチェックポイントは?

過去に書いたこの記事も参考にしていただけるとありがたいです。

こんばんは。地域のお助け隊よしかわでんきです。

明日、8月13日(月)~16日(木)までお休みさせていただきますのでその前に出来る事を!と今日はエアコントラブルを中心に対応させていただきました。

引っ越し先でエアコンが冷えないとガス漏れ診断の依頼をいただきましたが、ガス圧も正常、室内機の吸込みと吹き出し温度の差も10度以上とエアコンの動作としては問題ありませんでした。ただ、8畳相当のお部屋に6畳のエアコンで若干能力不足なのですが扇風機を併用して空気をかくはんしても室温は34℃までしか下がらず賃貸のお部屋の断熱不足が大きな原因かなと思いました。お子様が熱中症になられたとお聞きして何かできないかと思いましたが、エアコンが取り付けられる場所も一か所で全てのお部屋を開放すると20畳相当。この断熱不足ではかなり能力の高いエアコンでないと冷えない可能性を説明させていただきました。引っ越しも検討されているとの事でした。

夕方頃には落雷の影響と思われる停電が何回かあってそれがきっかけでエアコンが動かないと依頼がありました。

20年以上前の機種ですが、停電のタイミングなのかリモコンの受信部の故障でリモコン信号を受け付けない状態になっていました。全面パネルを開けたところにある「応急運転」の使い方を説明してとりあえず冷える方法を説明させていただきました。

リモコンでエアコンが動かない場合は「応急運転」と書かれた部分を探してください。

写真のエアコンはボタンですが、古い機種だとスライドスイッチの場合もあります。リモコン故障の場合にも有効な手段なのでぜひ覚えておいてくださいね。

エアコンが使えない場合ここを確認してみて!!へ1件のフィードバックがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です