効きが弱くなったエアコンの取替依頼をいただきました

15年以上使っておられるエアコンの効きが悪くなったので取替相談をいただきました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

古いエアコンを取りはずしてみると縦さんは使われていません。コンパネ下地も入っていないので土壁の中の竹に固定されているようです。

最近の省エネエアコンは重量もあるので真壁の場合は基本的にこのような縦さんを使っています。見栄えを重視する場合には違う工法もあるのでご相談ください。

取りはずした時にもう一つ気になった事。配管穴の開口寸法が50mmでした。通常家庭用エアコンは65mmで開ける事が多いのですが道具がなかったのでしょうか?

普段使っている貫通スリーブが使えないので室内機側でパテをして気密性を確保しました。

配管は押入れの中を通って屋外に出ているのでここで冷媒配管の接続を行います。前の施工では出来ていなかったドレン排水の断熱をしっかり行って結露を防止します。

室外機を載せる屋根置台はまだ使える状態だったので再利用しました。

取付完了後、真空ポンプで配管内をしっかり乾燥させて配管に漏れがないかも調べます。その後試運転に問題ない事を確認して作業完了しました。

冬の暖房の事も考えて頂いて暖房に強いエアコンを選んで頂いたので2階でも灯油を持って上がる煩わしさからも解放されます。

K様、ご依頼頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です