トイレの困った解決~リモデルタイプの洋式トイレ取替

先日下見させて頂いたリモデルタイプの洋式トイレを本日取替に伺いました。

こんばんは。この街のお助け隊よしかわでんきです。

リモデルタイプの洋式トイレは交換に注意が必要です

リモデルタイプだと、排水管の位置が標準モデルに対して自由が利くようになっています。主に和式トイレを洋式トイレに変更した時に排水管の位置を大幅に変更する事なく取り付けられるというメリットがあります。

リモデルタイプはこのように排水管の位置に合わせて施工する事が可能です。ただしメーカーによって調整幅が異なりますので注意が必要なんです。

ちなみに標準とされる排水管位置は壁から200mmで写真のような位置関係になります。

話を戻してリモデルタイプは先ほどの型紙の寸法通り排水管を必要な長さに切断して接着し便器を取り付ける準備を行うようになっています。

便器を取付てこの上にタンクと温水洗浄便座を固定していきます。

無事に取り付ける事が出来ました。前の便器が右に傾いて取り付けられていたので跡が見えてしまっています。お客様には事前にお伝えしていました。

便器をもう少し前よりに取り付ければこの跡も隠れるのですがペーパーホルダーや手すりの位置関係の問題もあり同じ位置に取り付けさせて頂きました。

13時から作業を開始して15時には全て完了。お客様は「こんなに早くできるの?」と驚いておられました。十分な下見をさせて頂いたお陰で最短時間で施工させて頂けたと説明させて頂きました。

K様、ご依頼頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です