事務所のエアコン困ったを解決しました

いつもお世話になっているお客様から事務所のエアコン困った解決依頼を頂き本日取り換えに伺いました。

こんばんは。この町のお助け隊よしかわでんきです。

エアコンが故障して動かない場合フロンガスの回収が出来ません。このような時家庭用エアコンの場合はほとんどの業者さんは大気放出されているのではないでしょうか?業務用エアコンはフロンガスを回収しないといけませんが、家庭用エアコンには規則がありません。しかし、温室効果ガスを少しでも放出しないようによしかわでんきでは動かない家庭用エアコンも真空状態にしたボンベにフロンガスを回収して持ち帰った後にフロンガス回収機を使ってフロンガスを室外機に戻しています。こういった工夫をすることでお客様の負担なしに温室効果ガスを放出しない努力をしています。

フロンガスが回収出来たら、室内と室外同時進行で取替作業を行います。配管ががっちりと固定されているので今回は配管を流用する工法で行います。

新しいエアコンに対して配管長さが微妙に足りないのでフレアユニオンを使って配管を延長します。

新しいエアコンを壁に掛けた状態でフレアを接続しトルクレンチを使ってしっかりと固定します。固定した後は断熱をしっかり行って結露を防ぎます。

室外機側もフレアを切りなおしてしっかり接続。トルクレンチを使って規定トルクで締め上げます。

取付作業が終わって試運転も良好。エアコン故障中は電気ストーブで凌いでおられました。今年は暖冬傾向といっても甲賀市は朝夕の冷え込みが厳しいです。お待ちいただきすいませんでした。

今回もご依頼いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です